結婚というものに夢を見すぎなのだろうか。

アラサー女、年の差彼氏からプロポされました。前途多難の結婚への道をつづります。

挨拶してきました。(その1)~出発前のあれこれ~

この連休中、私の実家に彼と行って来ました。

目的はもちろん、両親に結婚を承認してもらうための挨拶です。
いわゆる「娘さんを僕にください」的なやつです。


まず、実家挨拶初心者(?)の私は、挨拶に行く者の常識をネットで調べてみることにしました。

遠方の実家へ行く場合、宿泊はどうするの?

私の実家は、現在私たちの住んでる町から車で片道5時間ほどかかります。
往復にすると10時間です。
日帰りはちょっとキツイんですよね。

しかし、一般的な情報ではまだ結婚をしているわけでもない男性を実家に泊めるのはタブーのようでした。
確かに、なんだかお父さんと気まずい感じもします。
そもそも泊まるつもりでいって、挨拶して、もしも反対された場合どうすんだろう。OKされること前提でなければ無理な話ですね。
男性は近場でホテルをとって宿泊し、女性だけ実家に泊まるというのがマストなようです。

彼にどうするか聞いてみると、そもそも「ズミ子ちゃんの実家に泊まるなんて絶対にしたくない」ということだったので、問題ありません。

親にも予定を確認したところ、連休は忙しくて1日しか空いてなくて、次の日も朝から出かけてしまうそう。
私も実家に泊まっても仕方なさそうなので、泊まらないことに。
かといって、ホテルをとったらお金がかかります。できれば無駄な出費は避けたい。
車中泊も慣れてるし、とりあえずどこか道の駅で車中泊をして、次の日ゆっくり帰って来るっていうのでもいいかなという話に。

しかし数日前からハルくんは風邪気味だと言い出していて、流石にまだ寒いこの時期に車中泊はやめることに。
じゃあ、まあ、日帰りしよっか、という話になりました。


かくして、実家挨拶弾丸ツアーが計画されたのでした。

男はスーツを着ていくべきか?

実家に挨拶=スーツ。そう思います。
でも、なんか変な感じもします。
そこまでする必用あるのかな?なんかかしこまりすぎてて逆におかしくなあい?
というか、ハルくんは普段スーツなんて着ることなくて、冠婚葬祭兼用の古いスーツ一着しか持っていません。
同じくうちのお父さんもスーツなんて冠婚葬祭の時しか着ること無いし、我が家はスーツってもんを見慣れてない一家なのです。
いらなくない?
そうは思ったけど、やっぱり一応スーツは着ていくとハルくんが言うのでそうすることにしました。
むしろスーツ以外で着ていける"ちゃんとした服"ってもんをこの人は持ってないから、そっちの方が何着ていくか難しいよね・・・。

無難にスーツ。うん。

出発の前日の夜はまた喧嘩をしました。

私が翌日の挨拶がうまくいくのかわからなくて不安な気持ちをぶつけたからです。
うちにも彼にも問題があることをここ数日思い悩んでしました。
いわゆるマリッジブルーというやつです。(?)
私は思っていることを話して、でも彼とは価値観が違っていて、だからこのまま結婚に進んで良いのかわからない、お互い我慢ばかりでいつかダメになる日が必ず来ると思う、そんな話をぐるぐると続けます。
私がごちゃごちゃ言うのにみかねてハルくんも怒り出します。
挨拶に行く前日にそんなこと言ってどうすんだ。今はそんな話してもしょうがないし明日の挨拶に向かって二人で協力すべきだと言います。
私はそれ以前の話をしていて、そこを無視していいのか、なんでこの不安な気持ちがわかってもらえないのか悲しくなって泣き出す始末です。めんどくさいです。
結局話しは堂々巡りのまま、彼はベッドへ行き、私は居間のソファーの上で疲れて寝てしまいました。

翌日私は煮え切らない気持ちを抱えて不機嫌なまま、実家へ向けて出発することになるのです。



つづく。