結婚というものに夢を見すぎなのだろうか。

アラサー女、年の差彼氏からプロポされました。前途多難の結婚への道をつづります。

結婚への道

挨拶してきました(その3)~短期決戦、30分で切り上げるの巻~

ズミ子の実家へ彼と挨拶へ向かってるはなしのつづき。 ついにクライマックス。 道中、突然お母さんから着信が入りました 母 「今どこらへん?まだ着かないの?」 ズミ子「あと一時間くらいのとこ」 母 「ちょっと急な呼び出しでお父さんが仕事行かなくちゃな…

挨拶してきました。(その2)~寄り道して指輪を買うの巻~

実家挨拶決行日、早朝に家を出ます。彼とは昨夜激しく喧嘩しましたが、とりあえず行かなければならないことに変わりはないので準備して出発します。喧嘩の翌日、ハルくんはだいたい寝て起きたら喧嘩のことは水に流して、私の機嫌を取ろうとしてきます。 それ…

挨拶してきました。(その1)~出発前のあれこれ~

この連休中、私の実家に彼と行って来ました。目的はもちろん、両親に結婚を承認してもらうための挨拶です。 いわゆる「娘さんを僕にください」的なやつです。 まず、実家挨拶初心者(?)の私は、挨拶に行く者の常識をネットで調べてみることにしました。 遠方…

好きじゃないけど一緒にいるの?

「ズミ子ちゃんのことは好きじゃないよ」 「俺はもう誰のことも好きになれない」 「結婚するって好きとか嫌いとかそういう問題じゃないから」 「ズミ子ちゃんは結婚に夢見すぎだよ」 「好きだけど、恋愛感情としてじゃなくて、家族みたいな、愛おしいって感…

結婚への道、迷走中。

はじめまして、ズミ子と申します。働くアラサー独身女性です。 もう少し詳しく言うと、まだサーティンを越えていない方のアラサーです。 (そんな言い方ができるのもギリギリ今だけなので言わせておいておいてくださいね!)恋愛も仕事も忙しすぎて迷走中。…