読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚というものに夢を見すぎなのだろうか。

アラサー女、年の差彼氏からプロポされました。前途多難の結婚への道をつづります。

挨拶してきました。(その2)~寄り道して指輪を買うの巻~

実家挨拶決行日、早朝に家を出ます。

彼とは昨夜激しく喧嘩しましたが、とりあえず行かなければならないことに変わりはないので準備して出発します。

喧嘩の翌日、ハルくんはだいたい寝て起きたら喧嘩のことは水に流して、私の機嫌を取ろうとしてきます。
それに対して私はいつまでも不機嫌な態度で言葉もかわさずぶすっとし続けるのです。
それでもハルくんは一生懸命私に話しかけて、おもしろいことを言ったりするので、私は思わず笑わされてしまいます。
そこで私の根負けです。
いつもいつの間にかうまい具合に機嫌を取られてしまうのです。
それもまたむかつきます。
そうやってごまかして、なかったことにして、それでいいの?
だからこそ今は終わらずに続けてられてるのかもしれないけど、それがいつかどこかで容量オーバーで溢れ出すんじゃないのかなって思うのです。
だから本当はそんな簡単によくわからないまま仲直りなんてしたくないのに。
でもだからといって、いつまでも意地を張ってこじらせるのも良くはないのだけれど。。。

出発前、ちょっと気になる出来事が

車に乗り込む直前、ハルくんの鍵につけていたチェーンが切れてなくなりました。

地面も車の中も探したけどどこにも見つかりません。

ええ・・・
出発前から鎖が切れてなくなるって・・・
縁起悪すぎませんかね・・・・


なんだか出だしから微妙な気持ちにさせられてからの出発になりました。。。

出発して30分、あることに気づきます・・・

家に実家へのお土産を忘れてきました・・。

数日前にデパ地下に行ってお父さんの好きなお菓子を買って用意していたのに。。。
ばあちゃんの分も用意してたのに。。。

ぜんぶ、家にわすれてきた・・・・・・。

それに先日引っ越ししたばかりのお姉ちゃんにあげると約束していた物もあったのに忘れてきた・・・。

もうひとつ言うと、今日は溜まってるゴミの日だったのに、朝出発前にゴミ出ししようと思ってたのに忘れてた・・・。

なにもかも、ぜんぶ、忘れてしまった・・・・・・・。

でも戻ると往復1時間増えてしまうので、あきらめて途中で買うことにして先へ進むことに。

あー私は本当にダメなやつだ。。。

何にもできないクズだ。。。
ほんとうにもう自分がいやだ。。。

ズミ子、ぐじぐじモードに突入です。
ただただ自分のダメさ加減に耐えられず、ぐじぐじします。。。

前日は喧嘩するし、朝からチェーンは切れるし、持っていくべきものを全て忘れるし、もうなんもかんもうまくいかない。。。


そんなこんなでせっかく治ってきた私の機嫌が再び急降下します。

寄り道、急遽指輪を買う

通り道の途中の町に、大きなショッピングモールがありました。
ハルくんがそれを見つけて、忘れてきた分のお土産も買いなおせそうだし朝ごはんも食べたいしちょっと寄ってみようと言い、そうすることに。

そこでお店大好きなズミ子の機嫌はわりと治ります。単純です。

お土産のお菓子を買ってフードコートへ行くと、まだ飲食店が始まるまでは少し時間がありました。

ちょっとそのへんをぶらぶらしていると、アクセサリーコーナーがあります。

そこには

"閉店売りつくし全品50%OFF"

という文字が。

それを見てハルくんは言います。

「結婚(婚約兼用)指輪、ここで買ったらええんちゃう?」


急に関西弁になりましたが、実際ハルくんは関西某府出身で、関西弁を喋っています。(ブログでは便宜上標準語にしていますが)
そして例によって安売り特売値下げ○○%OFFお買い得という言葉が大好きで、見るとテンションがバカ上がりします。(某府民の方いらっしゃいましたらすみません)


いやいやいやいや・・・・

半額のよくわからない売れ残り指輪なんて嫌。


当然です。
一生に一度の大切なものなんです。
ずっと身につける指輪なんだから、ちゃんとしたものがいいんです。
そんな何十万なんて高価なものはいらないけど、ちゃんとしたもの。

でもハルくんは、自分は仕事でつけれないし、そもそも指輪なんていらないとか言う。
私は欲しい欲しい言っているから、一応私の分だけは買ってくれるつもりみたいだけど。。。

そうじゃないのー!
一緒の、おそろいの指輪がほしいのー!!!!


それが乙女心です。

そこで折衷案が提案されます。

・ここで半額のペア指輪を買う
・ちゃんとした指輪は後日ズミ子の分だけ買う
・ハルくんは普段身につけないので、ちゃんとした指輪は高価だしいらない
・一応ペアの指輪(半額)は買うからいいやん?


うーーーーーーーん。


まあ、たしかに、高価な指輪買ってもほとんど身につけないならもったいないし・・・とりあえずペアのやつがあるならいいのか・・・

うーーーーーーーーーーーーーーーん。。。


本当にいいのか?そんなもんなのか?

そもそもね、私は契約の証として二人で一緒の指輪がほしいわけで、
それは実際高くても安くても何でもいいのかもしれないけど、どうでもいいものなわけではなくてね、ちゃんとしたもの、気持ちのあるものがほしいの。

その感覚、わかるかな?

たぶんわからないしいらないんだろうな、この人は。
そういう形式ってもんが嫌いだっていつも言うから。
価値観の違いと言ったらそれまでだけど、それによって私は
"大切に思われていない"と感じるのです。

ああ、そんなもんか私なんて。
だって前の嫁の時はあったんでしょ?
前の前の嫁の時もあったんでしょ?
でも私にはいらないんだ。
そうですか。
はい。



なんか、まあいろいろ考えたけど、彼の言う折衷案を受け入れて、そこでとりあえずペア指輪を買いました。
在庫はないから、出ているやつで2人のサイズに合うものが一つしかなくて自動的にそれに。
2つで余裕で4桁以内です。

でもハルくんとのペアのアクセサリーなんてはじめてで、ずっと欲しかったけどいらないって言われてて我慢してたから、すごく嬉しくなりました。

それからごはん食べて、実家に向けてまた出発。


車の中で早速指輪を出して、つけて、にやにや。





次回につづく。

なんだか前置きが長くなってしまっております。
実家になかなか着きませんね。。。笑

挨拶してきました。(その1)~出発前のあれこれ~

この連休中、私の実家に彼と行って来ました。

目的はもちろん、両親に結婚を承認してもらうための挨拶です。
いわゆる「娘さんを僕にください」的なやつです。


まず、実家挨拶初心者(?)の私は、挨拶に行く者の常識をネットで調べてみることにしました。

遠方の実家へ行く場合、宿泊はどうするの?

私の実家は、現在私たちの住んでる町から車で片道5時間ほどかかります。
往復にすると10時間です。
日帰りはちょっとキツイんですよね。

しかし、一般的な情報ではまだ結婚をしているわけでもない男性を実家に泊めるのはタブーのようでした。
確かに、なんだかお父さんと気まずい感じもします。
そもそも泊まるつもりでいって、挨拶して、もしも反対された場合どうすんだろう。OKされること前提でなければ無理な話ですね。
男性は近場でホテルをとって宿泊し、女性だけ実家に泊まるというのがマストなようです。

彼にどうするか聞いてみると、そもそも「ズミ子ちゃんの実家に泊まるなんて絶対にしたくない」ということだったので、問題ありません。

親にも予定を確認したところ、連休は忙しくて1日しか空いてなくて、次の日も朝から出かけてしまうそう。
私も実家に泊まっても仕方なさそうなので、泊まらないことに。
かといって、ホテルをとったらお金がかかります。できれば無駄な出費は避けたい。
車中泊も慣れてるし、とりあえずどこか道の駅で車中泊をして、次の日ゆっくり帰って来るっていうのでもいいかなという話に。

しかし数日前からハルくんは風邪気味だと言い出していて、流石にまだ寒いこの時期に車中泊はやめることに。
じゃあ、まあ、日帰りしよっか、という話になりました。


かくして、実家挨拶弾丸ツアーが計画されたのでした。

男はスーツを着ていくべきか?

実家に挨拶=スーツ。そう思います。
でも、なんか変な感じもします。
そこまでする必用あるのかな?なんかかしこまりすぎてて逆におかしくなあい?
というか、ハルくんは普段スーツなんて着ることなくて、冠婚葬祭兼用の古いスーツ一着しか持っていません。
同じくうちのお父さんもスーツなんて冠婚葬祭の時しか着ること無いし、我が家はスーツってもんを見慣れてない一家なのです。
いらなくない?
そうは思ったけど、やっぱり一応スーツは着ていくとハルくんが言うのでそうすることにしました。
むしろスーツ以外で着ていける"ちゃんとした服"ってもんをこの人は持ってないから、そっちの方が何着ていくか難しいよね・・・。

無難にスーツ。うん。

出発の前日の夜はまた喧嘩をしました。

私が翌日の挨拶がうまくいくのかわからなくて不安な気持ちをぶつけたからです。
うちにも彼にも問題があることをここ数日思い悩んでしました。
いわゆるマリッジブルーというやつです。(?)
私は思っていることを話して、でも彼とは価値観が違っていて、だからこのまま結婚に進んで良いのかわからない、お互い我慢ばかりでいつかダメになる日が必ず来ると思う、そんな話をぐるぐると続けます。
私がごちゃごちゃ言うのにみかねてハルくんも怒り出します。
挨拶に行く前日にそんなこと言ってどうすんだ。今はそんな話してもしょうがないし明日の挨拶に向かって二人で協力すべきだと言います。
私はそれ以前の話をしていて、そこを無視していいのか、なんでこの不安な気持ちがわかってもらえないのか悲しくなって泣き出す始末です。めんどくさいです。
結局話しは堂々巡りのまま、彼はベッドへ行き、私は居間のソファーの上で疲れて寝てしまいました。

翌日私は煮え切らない気持ちを抱えて不機嫌なまま、実家へ向けて出発することになるのです。



つづく。

好きじゃないけど一緒にいるの?

「ズミ子ちゃんのことは好きじゃないよ」
「俺はもう誰のことも好きになれない」
「結婚するって好きとか嫌いとかそういう問題じゃないから」
「ズミ子ちゃんは結婚に夢見すぎだよ」
「好きだけど、恋愛感情としてじゃなくて、家族みたいな、愛おしいって感じ」

まだ家族にもなってないのに、付き合って1年そこらで言われた言葉がこれ。


ちょっと様子がおかしい人かな?
と思われがちなこの発言ですが(?)、彼の今までの経験を考えると仕方がないのかなと私は思ってしまったのです。


彼は2度の離婚を経験しています。
理由や経緯はふわっと聞いた程度で、深くは知りません。

今時バツが何個付いていようと珍しくも思わないし、そこは大きな問題ではないと思っています。

終わらないように努力する必用もあるのかもしれないけれど、どうしようもなく許容できず合わないという結果だってあるんだから、私には何にも言うことはできません。

どちらが悪かったとか何がいけなかったかなんてわからないけど、でも彼は心に深い傷を負っているのです。


また人のことを本気で好きになって、またその全てが終わってしまうことがこわいと感じているからでしょうか。
もうあの辛い気持ちを味わいたくないから、それなら最初から心に壁を作って、後から傷つかないようにしようとしているのでしょうか。



それとも本当に私のことなんてなんとも思ってなくて、ただの都合の良い女と思っていたんでしょうか。



『彼にとって私って一体何なのだろうか』


私は最近までずっとこの疑問に苦しめられてきました。

『どうせ彼は私のことなんて好きじゃないから』
『たまたま私だっただけで、別に私じゃなくてもいいんだろうな』

っていつもそう考えてしまっていて、卑屈になるしかありませんでした。
彼にとって都合がいい人間じゃなくなったら切り捨てられるのかもしれないとまで思ってました。

そんなことを考えて、枕を濡らす夜がどれだけあったことでしょう。

そこまで彼に固執する自分もおかしいんだろうなと思うこともあるけど、それはまた別の話として置いておきます。




数ヶ月前にある事件がありました。

思い出したくない記憶なので内容は割愛しますが、その結果もうほぼ二人の関係が終わりに近いところまでいきました。
それから彼はこの関係を考えて、もう終わりを決めた私に手紙をくれました。
そこには、ちゃんと私のことを好きになっているし、これからも一緒にいたいと書いてありました。

今はもう、ちゃんと私のことを好きらしいです。



ほんとかな?


いままで信じられないことはたくさん言われてきていて、
『もう誰も好きにならない』とか厨二みたいな発言もどういう気持ちで受け止めればよかったのか未だにわからないのだけれど。


でも単純な私は、ただただその言葉が嬉しくて、ずっと言ってほしかった言葉がそこにあることに歓喜して、本当に本当に単純すぎておめでたいやつなのかもしれないけど、ただその一言で『これからも一緒にいようね』ということにしてしまったのでした。



彼の深い深い心の傷は、私にさらけ出す気は毛頭ないようで、私がその部分も含めて彼を許容できるか、全ては私次第なのだと彼は言います。


とはいっても正直私はよくわからない。
ずっとよくわからないままかもしれない。

根掘り葉掘り聞きたいわけじゃないけど、さらけ出したって私はそれによってどうこう思うことはないよ。きっと。たぶん。


まあそういう問題じゃないのかもしれないけど。



話の締め方がわからないからなんかそんな歌ありそうと思って検索したら郷ひろみですね。
もう誰も愛さない
うん、そんなかんじ。

結婚への道、迷走中。

はじめまして、ズミ子と申します。

働くアラサー独身女性です。
もう少し詳しく言うと、まだサーティンを越えていない方のアラサーです。
(そんな言い方ができるのもギリギリ今だけなので言わせておいておいてくださいね!)

恋愛も仕事も忙しすぎて迷走中。

そんな悩みが尽きずストレスをためる毎日なので、ここで少しでも吐き出したいと思い、始めてみました。
たまたま読んでしまった暇な方に、こんなやつもいるんだなーくらいに思ってもらえれば本望です。


さてそんな私ですが、先日2年半ほどお付き合いしている男性からプロポーズを受けることとなりました。

彼とは1年半付き合ったのち、現在に至るまで同棲生活をしています。


まずは簡単に自己紹介。

私のこと

名前:ズミ子
・アラサー
・結婚経験なし
・なんか仕事がものすごく忙しい(ブラックというかなんというか・・・)
・料理がへた
・はやく子供がほしい!できれば3人ほしい!
・3人兄弟の真ん中っ子だからかな
・おっちょこちょい(ドジっ娘とは言わない)
・すぐ泣く
・実家にちょっとした問題を抱えています(家族とは仲いいです)

彼のこと

名前:ハルくん
・アラフォー
・ズミ子より一回りとちょっと年上(でも年齢より若く見えるとよく言われてる)
・✕2
・子あり(元奥さんが引き取っている)
・料理がすきで上手
・ドケチ!
・両親・兄弟と不仲
・心に闇がある(とズミ子は思っている)

ふたりのこと

そんなこんなで、現在婚約中です。
歳の差はそんなに問題ではありません。
子供3人と、老後2人で旅行に行ったりするのはむずかしいのかな、とは考えますが。。。
あと、あるあるだろうけど懐メロが分かり合えません。
喧嘩はしょちゅうします。
二人ともお酒大好きだけど、だいたいお酒を飲んでるときに喧嘩します。
最近価値観の違いが目立ってきています。
私は意地っ張りなのでいつも彼が折れてくれるので、私はそれに甘えっぱなしです。


ハルくんとお付き合いしてからの2年半、様々な出来事がありました。

楽しい思い出はもちろん、ひどい喧嘩もたくさんしたし、すれ違い、別れの危機も何度かありました。

危機というか、実際彼とは一度お別れした時期もあります。
彼が✕2ということで普通では考える必要がない悩みに悩まされハゲそうになる日々もありました。
一度浮気もされました。(彼は浮気とは認めませんが私としては浮気以上の酷いことをされたと思っています)
そんな事件や話のネタは、出したらキリがないほどあるんですが、それはまたおいおいお話していければと思っています。。。

それでもそのたくさんの危機を乗り越えて、よりお互いをわかり合うことができたと思っています。
自分でもおかしいんじゃないかとは思います。
普通に考えたらこんな相手ありえないのに、なぜここまで来てしまったのか。

そして私は彼からのプロポーズにOKしてしまいました。
いろいろあったしこれからもいろいろあるんだろうけれど、彼とこの先も一緒にいたいと思うからです。


・・・でもやっぱり私の心の中には様々な思いが巡っています。

『本当にこれでいいんだろうか』
『彼といて幸せになれるんだろうか』
『もっと楽な道があるんじゃないの?』

プロポーズをOKしてから数日のこの間にもいざこざがあり、喧嘩してしまいました。

『決めるにはまだ早かったんじゃないか』

不安です。超絶不安です。
正直今、自分の気持も彼の気持ちもわからない状態です。
実際二人の間に問題は山積みです。


ももう私の両親には次の連休に彼と挨拶に行くと話してしまっているし・・・。
まさか楽しみにしている両親に向かって「やっぱやめた」なんて言えないじゃん・・・。
行くしかないし、なんかもうなるようになるんじゃないかな。。。

こんな気持で親に結婚の挨拶行くやついるのか・・・。

結婚を考えることって、こんなにストレスのかかることなのか・・・

もっとこう、キラキラとした希望とか、わくわくうきうき、嬉しい楽しい事柄なんじゃないのかなって・・・。
今の私はそれとは真逆のところにいるんですよ。不思議ですね。

でも、まあ、こんな状態で、私と彼との話は進んでいってしまっています。
これから先の二人がどうなるのかわからない。
私はどうしたらいいんだろう。


そんな私達2人のこれまでとこれからのおはなしをしていこうと思います。